本文へスキップ

指導方針・練習内容information

指導方針

礼儀や挨拶を重要視した指導を心がけています。




地図
『お願いします』『ありがとうございました』と礼をすることに重点を置いて指導しています。練習していくら強くなっても相手を敬う心がなければ、その練習は武道として無意味です。
相手を思いやる心・相手の痛みを知る心を身につけるために空手という武道を志し、人格の形成ができればと思っています。

もちろん、礼儀だけでなく空手の技術も未熟ながら私の知っている限りお教えします。特にお子さんはすぐ飽きてしまうので、練習をゲーム感覚にアレンジにしたりして、楽しく空手の技術が習得できるよう私なりに工夫しています。

修養訓

全日本空手道剛柔流会 修養訓五ヶ条

我ら空手道修むる者は、
 一.剛柔の道を学ぶを以って誇りとすべし。
 一.礼儀を正しくすべし。
 一.質実剛健を旨とすべし。
 一.団結互助の精神を養うべし。
 一.日本古来の伝統たる尚武の気風を尊重すべし。

以上

練習内容

活動報告写真 ■礼儀のおさらい(正座の座り方/立ち方・座礼・立礼)
■準備運動・ストレッチ
■基本稽古(突き・受け・蹴り)
■移動稽古
■型(レベルに応じた型、型の意味を理解する ※分解)
■組手(テクニック・スピードトレーニング)
■補強運動